オシロスコープなら当サイトにお任せ!

オシロスコープの振幅の測定方法

オシロスコープの振幅の測定方法 測定する信号を観測するためには、まずその信号をオシロスコープに送らなければいけません。
信号を送る方法は2つ存在し、1つは同軸ケーブルを使って信号を送り、もうひとつは「プローグ」というものを使用して信号を送ります。
そうしたら、複雑な波形でない場合は「AUTOセット」という機能を使用して、基本的な設定をすべてオシロスコープにやってもい、正常に波形を表示させることができます。
複雑な波形の場合は自分で基本設定を行う必要があり、その方法は「VOLTS/DIV」ツマミを回して、波の大きさを見やすいように変更します。
そして、「SEC/DIV」ツマミを回して時間軸の拡大率を調節して見やすいようにします。
最後に、同じ位置に波が描かれるように調節して基本設定は完了です。
このようにして、表示させた波形から、縦軸に注目して、最も高い点もしくは最も低い点とゼロの点の差を求めることで振幅を測定することができます。
ただし、拡大率によって1メモリあたりの値は変化するので読むときに注意が必要です。

おすすめのオシロスコープの選び方

おすすめのオシロスコープの選び方 機器の性能の違いを評価しながらオシロスコープを選ぶ事ができなくて、どの製品を選ぶべきなのか迷っている時には、サンプリングレートの違いを比較する事をおすすめします。
サンプリングレートが不十分では必要なデータを得られないので、1チャネルあたりのサンプリングレートを充分に確保できるのか、仕様帯域幅をサポートしているのか比較する事も重要です。
各チャネルがオシロスコープの仕様帯域幅をサポートできない事が後から分かり、ムダな買い物をしてしまったと後悔している方々も珍しくありません。
必要な帯域幅に合っている製品なのか確かめたい時には、周波数の3倍以上の帯域幅があるのか確かめるだけでも、どの製品を選ぶべきか迷っている方々でも安心して機器を導入できます。
初期投資を抑えるためにもオシロスコープの違いをチェックする事が重要で、初期の購入は最低限必要な機能だけを選んでから、オシロスコープをアップグレードしていく事も可能です。