オシロスコープの基礎的な原理

オシロスコープの基礎的な原理

オシロスコープの基礎的な原理 オシロスコープの基礎的な原理は、簡単に説明できます。
オシロスコープとは波形測定器で、電気信号が変化する様子を観測します。ブラウン管の電子銃から電子ビームが飛び出し、垂直方向や水平方向に進路を曲げて蛍光面に衝突させて波形を描きます。同期の方式には2種類あり、同期掃引方式は掃引用のノコギリ波を発生させて波形が静止して見えるように同期を取ります。
もうひとつはTrigger掃引方式で、波形の一部分のみを蛍光面に描けます。波形の任意部分を描けるので高速変化する現象も観測でき、現在では多くのオシロスコープに採用されています。
オシロスコープは電圧と周波数の測定ができ、基本ポジションにセットしたら電源を入れます。電源を入れたら輝度を上げ、輝点を出して焦点を合わせます。輝線を水平に修正し、目盛りの証明を明るくします。
電源を入れてスクリーンに輝線が出るまでの立ち上げ操作は機種によって異なりますが、どの機種も簡単に操作できます。

ブラウン管タイプのオシロスコープの原理とはどのようなものか

ブラウン管タイプのオシロスコープの原理とはどのようなものか 最近ではオシロスコープの多くはデジタル式のものが多くなっていますが、古くはブラウン管タイプのものがほとんどであり、これが主流と思っていました。
これには現在のデジタル式にはないメリットもありますが、逆にデメリットも多かったことからその原理を十分に意識した上で利用することが必要となっていました。
ブラウン管の原理は、基本的には内部に蓄電池を持ち、その蓄電池が外部からの電気の入力が蓄電されることでこれを放電させる方式により画面に映像を映し出すものです。
そのためオシロスコープの場合には測定対象となる信号がプローブから入力されることにより、これによって画面に放電が行われることからその信号の波形を確認することができるようになっていました。
現在のデジタル式のものは一定の間隔で測定対象の電圧や電流をサンプリングすると言う仕組みとなっているため、そのサンプリング周期によって測定結果が変わってしまうと言うデメリットがありますが、旧型のものではこれがないのがメリットとなっている反面、時間の経過とともに表示が薄くなってしまうのが難点です。