オシロスコープなら当サイトにお任せ!

当サイトではオシロスコープを使った測定の手順から、実際に手に入れるための方法まで、幅広い情報を公開しています。
本格的に電気を取り扱うのであればなくてはならない上に、活躍できる場面も多いので、必要とする人は多いでしょう。
手に入れてから使うまでの色々なことを知りたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。
自作できるかどうかにまで触れているため、より専門的な知識を求める人の希望にも応えられるかもしれません。

オシロスコープの周波数と周期の測定方法

オシロスコープの周波数と周期の測定方法 オシロスコープは横軸に時間で縦軸に電圧を用いた表示の中で、波状になった曲線が描かれるのが基本です。
そして周波数と周期を測定する場合はその横軸の時間に着目し、基本的には10マスに分かれた表示を元にします。
オシロスコープに表示される波は規則性があり、通常は上下にそれぞれ1回ずつ触れて元の位置に戻る形です。
その同じ場所に戻ってくるまでが1周期で、時間の長さをマス目から確認します。
それに対して周波数は、まず時間の範囲が決まっています。
単位としてはHzを使用しますが、これは1秒間にどれだけの周期があったかを示します。
そのためマス目から1秒間の長さを把握しておいて、その範囲内で上下が何回繰り返されるかを数えます。

オシロスコープの周波数と周期の測定方法

オシロスコープの周波数と周期の測定方法 オシロスコープは電気信号を読み取る機械で、基本的にはディスプレイが付いています。
そのディスプレイを介することで、人の目でも電気信号を確認できるようになる道具です。
ディスプレイにはオシロスコープに入ってきた電気信号が波状で表示され、その縦軸は電圧で横軸が時間を表すのが基本です。
したがって時間の経過に合わせて、どれくらいの強さの電圧で信号が送られてきたのかを把握することになります。
オシロスコープにはインプット端子が用意されているので、そこに測定したいものとケーブルで接続します。
そして自動機能が付いているものであれば、送られた信号を最適な形で表示してくれるはずです。
また測定結果の表示は必ず固定されるのではなく、使用者側の必要に応じてある程度カスタマイズすることができます。
比較的簡単なものであれば表示されるメモリ幅に相当する数値を変更させて、表示されるグラフの線そのものの大きさを相対的に変えたり、時間軸を移動させるといった内容です。
オシロスコープには複数の端子を用いて複数の信号を取り入れられるものもありますが、そのような機能を使うと基準点を合わせた比較も容易になります。
その他にも波形そのものの形を変えたり、一定の基準を超えると測定するといった機能があります。

電子計測器についてはコチラもチェック

電子計測器にはもっと活用法がある